手放すより貸したい、マンションオーナーになるまでの過程

短期間で借り手が付いて驚いた

新築マンション購入から3年で転勤決定 : 売るよりもオーナーになる方が良いと感じた : 短期間で借り手が付いて驚いた

賃貸で部屋を貸すとなると家賃を決めなければなりませんでしたが、家賃については同エリア内での家賃相場を調べて貰い、これに築年数などの情報や住居設備などを加味して家賃を提示して貰いました。
こちらで家賃を決める事が出来るとの事でしたが、あまり高くしてしまって借り手が付かないと困るため、提示して貰った金額で家賃掲示を行う事しました。
住宅ローンの返済がありましたので、早めに入居者を見つけてオーナーになる事が先決で、提示して貰った家賃であれば現在の住宅ローンの支払いが可能になりますし、ローンの支払い額よりも家賃の方が高くなっているため、余ったお金は預金しておいて将来部屋に戻って来た時のリフォームなどに使う計画を立てる事が出来ました。
ちなみに、敷金や礼金についても相場を聞いて、それぞれ2か月分ずつの設定にしたのです。
お願いした不動産会社は投資物件の管理も可能にしている会社でマンションの管理も依頼しました。
賃貸物件を数多く取り使っていると同時に、同エリア内で部屋を探しているファミリー層も多く、こうしたお客さんに物件を紹介して貰うなどで短期間で借り手が付いたのには驚きましたが、部屋の見学に訪れた時も好印象など気に入って貰えて良かったと感じています。