手放すより貸したい、マンションオーナーになるまでの過程

新築マンション購入から3年で転勤決定

転勤により所有しているマンションを売却する人も多いのではないでしょうか。
拠点が多数ある会社に勤めているサラリーマンは転勤族などと言われていますが、転勤族などの場合は家を持つ事が出来ても永住する事が難しいため、敢えてマイホームを購入するのではなく賃貸の部屋を利用する人も多いと言えましょう。
賃貸の部屋はこうした人々からの需要も多いわけですが、自分が所有していたマンションを貸したいと感じたのは不動産投資の事を調べていた時からでした。
自分が勤めている会社は国内に数カ所、海外にも拠点があります。
転勤はそれほど多くはありませんが、転勤族と言えるようなものではありません。
そのため、周りもマイホームを購入する人が多く、数年前に新築マンションを購入したのです。
購入してから3年ほどで転勤が決まりました。
最初は一人で生活をするつもりでいたのですが、子供が小さかったなどからも家族で引っ越しする事にしました。
この時問題になったのが新築で購入したマンションでした。
売却も検討したのですが、いずれ戻って来る事になりますし、その時住む家があれば安心感もあるなどからも、マンションを貸したいと考えるようになったのです。
売却を検討したので、実際に売るとなるといくらで売れるのかを査定して貰った事もあります。

新築マンション購入から3年で転勤決定 : 売るよりもオーナーになる方が良いと感じた : 短期間で借り手が付いて驚いた